【漏水】給湯管引き換え工事 神戸

Share on Facebook

水まわり・修繕工事のトラブランです。

給湯管の引き換え工事をさせて頂きました。

ビル店舗の天井から急に水が漏れてきたので見に来て欲しいと連絡があり、お伺いしました。
到着してみると数箇所の天井から水が漏れており容器いっぱいに水が溜まっている状態でした。
◆before

床が濡れた状態では滑ってケガをしてしまう可能性もあるので、まず床の水を拭き取ります。
◆床拭き作業

天井の蛍光灯カバーを外し天井裏の状態を確認してみます。
◆蛍光灯

◆天井裏確認

覗いてみると上の階からの水漏れを確認できました。
◆確認作業中

今度は、住居スペースである上の階の点検口より床下を確認してみます。
◆点検口から確認

状況を見る限り上の階の給湯管の漏水が原因ですが、どの部分が漏れているかの特定・修繕を行うには大きい工事が必要となる上に日数もかかる為、ビルのオーナー様と相談させて頂き新たに給湯管を引き直すことになりました。
◆天井裏の様子

キッチン・洗面台・お風呂の給湯管を新しく引換えます。
◆作業中

各場所に養生をします。
◆養生(洗面所)

こちらの給湯器はキッチン右端に設置されている為、屋内からの引換え配管となります。
◆給湯器

給湯器から、どう分配していくかを決め配管カバーを設置していきます。
◆作業中

給湯器から2手に分け1つはシンクの水栓へ繋げます。
もう一つは、途中で更に2手に分け、天井に向かっては浴室水栓用、もう1つは壁の向こう側に設置されている洗面水栓用に分かれています。
◆作業中

壁から通した配管を洗面化粧台へと繋ぎます。
◆洗面化粧台下

洗面所に点検口を設け、キッチン天井へと向けた給湯管を洗面所の天井上を通し浴室へと向かわせます。
◆点検口設置

浴室天井から給湯管を通し浴室水栓へ繋げます。
◆浴室

キッチン・洗面台・浴室 全てのお湯が問題なく出れば作業完了です。

 

水回りの配管や排水管は、多くの水圧に耐えるため、比較的耐久性や強度が高いものを使用していますが、これらも長く使用していると、素材の劣化やひび割れ、水漏れや詰まりといった様々なトラブルを引き起こすことがあります。そこで、配管の交換工事を行う必要があります。配管は、屋内や床下、壁の中など、様々な場所に張り巡らされています。そのため、大がかりな工事になってしまう場合もあります。交換を行う場合には、古い配管を取り除いて交換する場合と、古い配管を放置して新しい配管を行う場合があります。一部の破損であれば、その部分の配管を交換するだけですむことになりますが、老朽化が進んでいる場合や、漏水場所が特定できない場合は全体の交換が必要となります。
素人が手を出して、余計に状態が悪化するという事も少なくありません。また、劣化が進んでしまったや水道管や給湯管は、簡単な補修や修理では復旧できないことも多くあります。こうした時、水道管・給湯管を交換するのが最も確実です。

 

その他、給湯器・給湯管・配管漏れ
施工事例はコチラ>>>

トラブランでは、YouTubeで動画も公開しております。
是非、ご覧ください。

お願いします。

視聴はコチラから↓↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=toraburanReform

 

トラブランでは24時間,365日対応させて頂きますので、配管の詰まり、水のトラブル、
何かお困りの事があれば、お気軽にトラブランまで ご相談ください!

http://www.katsuhara-s.com/cat-8#profile02 

コメントは受け付けていません。