お風呂は、ほとんどの方が毎日使われている場所ですが カビ取りなどの洗浄は行われても、なかなかメンテナンスや新しく買い替えを行われない場所です。なぜなら詳しくない方でも「何十万円もして高い」「工事期間が長くかかる」という事がわかるからです。
でも、本当は私たちにとってお風呂は時に家族でふれあい。時に疲れを癒し。時に一人になれる。なくてはならない特別な空間なのです。

浴室再生

あまり知られていないのですが、30年程前から浴室塗装は行われていました。
多くの部屋があるホテルでは高い費用をかけずに効率的にリフォーム出来る必要があります。そこで導入されたのが、費用が少なく済む浴室塗装。そのホテルでの工事手順を一般家庭用にも見直し丁寧に仕上がるよう改良され新調したように再生が可能なのです。 浴室塗装はなかなか馴染みがないだけに、不動産やリフォームのプロであっても判断が難しいジャンルです。一般の方なら尚更です。浴室を塗装するという発想自体なかった方もいらっしゃるでしょう。
浴室再生 BEFORE

スプレー工法

ユニットバスや浴槽に使用するスプレー工法があり、バスタブは元の素材の上に塗装が施されており、その元の素材であるFRPは非常に頑丈に出来ている素材なので一般家庭で使う分には余程のことがない限り再利用が可能なのです。細かいキズが出来ていたり汚れが染み込んでしまっているその表面を綺麗にすることが出来ればユニットバスは甦ります。カビ、サビ、キズ、ワレ、カケ、汚れ、色褪せ、穴補修があっても浴室・浴槽を交換することなく、きれいにリフォームすることができます。
当然、浴槽などを全面交換するよりも低コスト・短期間で済みます。

■ BEFORE        
スプレー工法        
■ 施工中        
スプレー工法   スプレー工法    
■ AFTER        
スプレー工法        

サビているところや塗膜が浮いてきたり剥がれているところを研磨しキレイにします。床も下処理を行い研磨し養生シートをを貼り塗装(スプレー工法)を行います。壁・浴槽・床・天井に塗装(スプレー工法)を施すことができます。

パネル工法

塗装以外にも壁面にパネルを貼るパネル工法もあります。
既設の水栓やシャワーフック・鏡等を取り外し壁面に付着している汚れや石鹸の油分等をアルコールや中性洗剤で取り除きます。
採寸をしてパネルの割り付けをし、同時に下地の不陸調整も行います。
パネル工法   パネル工法   パネル工法
カッターナイフを使用し採寸したパネルを裁断し専用接着剤と両面テープを貼りつけます。ボンド塗布後、カットしたパネルを貼りつけ取り外した器具を設置し完了です。
パネル工法   パネル工法   パネル工法
水回り(浴室・洗面・サニタリー)向けリフォームパネルエルクリーン
わずか1.3㎜という薄さが特徴のパネルで浴室リフォームの際、浴槽と壁の隙間に差し込むことができる貼り付けタイプの薄型塩ビ装飾パネルなのでユニットバス浴槽隙間等狭い箇所への施工も、タイル貼りの壁でも施工できカッターナイフ・カンナでも加工できるので音・粉じんが発生せず隣近所にも迷惑がかかりません。
簡易加工で短期施工が可能となり、従来の空間をそのまま生かすことができます。さらに、表層を鏡面仕上げにすることで高級感を演出致します。

浴室用シート

■ BEFORE ■ AFTER
浴室用シート BEFORE 浴室用シート AFTER
床面は在来施工のセラミックタイルの冷たい床やユニットバス(FRP床)も簡単にリフォームできる浴室用シート バスナリアルデザイン 高い衝撃吸収性、接触温熱感、保温性、防滑性、水はけ性の機能が備わった床に既存の床を壊さずに短い期間でリフォーム可能です。
諦めていた浴室のリフォームが、ご紹介した浴室塗装・壁パネル・床シートなどを使ってリーズナブルにリフォームして頂くことができます。
お気軽にお問い合わせください。