赤水とは?

水道管に鉄管が用いられてる場合鉄が酸化して錆が発生し水を赤く染めて出てくる現象を言います。
水道管の内部は常に水道水で満たされており水道管の材質が鉄でできている以上、非常にサビやすい環境なのでサビる事は仕方のない事です。特に水道水の中に含まれている水道水は殺菌及び雑菌の繁殖を抑えるために塩素を混入する必要があり塩素のせいで水道のサビはどんどん進行してしまうのです。

■ BEFORE   ■ BEFORE  
赤水   赤水   赤水
赤錆は非常にもろく、また水に溶けやすい性質から、水道水に溶け出してきます。特に赤錆がヒドイ場合などは目に見えるのですが普段、水道水に溶け込んでいる赤錆は目で見ることができません。
通常、赤錆が水道水中に溶け出している場合、水がまずくなったり(味覚)、異臭がしたり(臭覚)して、赤錆の存在に気付く場合もあります。しかし、大半の人は状態がひどく悪化するまで気付かないのが現実です。
1週間ほど旅行などで家を空けているときには、給水管にビニールライニング鋼管を使っている場合でも赤水が発生する事があります。
長期に渡る留守などで、給水管内部の水が継手部の錆にさらされて赤水となり、帰宅直後に蛇口をひねると、その赤水が発生する(流れ出る)という現象が起きるのです。

■ サビ   ■ サビ  
赤水   赤水    
水道管自体である鉄が少しづつ赤サビに変化していき、もろくなって水に流れて減っていく事で水道管の管の壁が薄くなっていきます。この赤サビの進行が管の外側まで達した時、内部の水が外に漏れ出す「漏水」を引き起こす訳です。
また水に流されずに固まってどんどん大きく成長していく赤サビもあります。これがいわゆる「サビコブ」といわれる現象です。このサビコブが大きくなりすぎて配管内部を狭くしてしまう事があります。これが「詰まり」や「出がわるくなってきた」の原因の一つになり錆こぶの下から腐食が進み、腐食(鉄と水が反応して酸化鉄になる)が進行すると鉄分が溶出して配管の厚みが薄くなり穴があいてしまうと水漏れも引き起こします。

■ AFTER   ■ AFTER  
赤水   赤水  
水道水が赤茶色に濁る原因は、給配水管内のサビが原因であることが多いです。
築20年を超えるようなお宅では、鉄の給水管が使われていることが多く、長年の使用と劣化により管内部にサビが発生し、水道水にその成分が混じって出てきます。
現在では、塩化ビニル管などのプラスチック管が主流になっており赤水が起こることも少なくなっています。
少しでも水の変色を感じたら飲食などには使わずに、しばらく水を出しっ放しにして透明の水になるまで様子を見てください。「毎日赤水が出る」「改善が見られない」ようであれば、業者に頼んで洗浄・あるいはパイプの取替えをしてもらうことをお勧めします。