受水槽 ボールタップ交換

Share on Facebook

水廻り、住宅設備機器のリフォーム・改修のトラブランです。

今回は受水槽のボールタップの交換をさせて頂きました。

◆AFTER

◆BEFORE

受水槽のボールタップが機能しなくなった為
交換させて頂きました。

ボールタップとは一定の水位まで水が溜まると
浮き球が上がり水が止まります。

一定の水位まで上がり水が止まらなくなってしまったら
ボールタップの故障が考えられます。

トイレにもボールタップが付いており便器に
水が流れ続ける場合、ボールタップの故障が考えられるため
交換が必要になります。
またボールタップの交換時期に
フロートゴムの交換をお勧めします。

フロートゴムとはレバーを上げた時にフロートゴムが持ち上がり
下げた時ににフロートゴムが下がりタンク内に水がたまります。

ゴム部品の為、経年劣化によりゴムがとけ、痩せてしまうと
タンクとフロートゴムの間にすき間ができてしまい便器に
水が流れ続けてしまうといったボールタップの故障と同様の
症状が現れ交換の目安となります。

その他の施工事例はコチラ↓↓
http://www.katsuhara-s.com/archives/category/cat3

最新の施工事例はコチラ↓↓
http://www.katsuhara-s.com/blog

 

トラブランでは24時間,365日対応させて頂きますので、配管の詰まり、水のトラブル、
何かお困りの事があれば、お気軽にトラブランまで ご相談ください!

http://www.katsuhara-s.com/cat-8#profile02

コメントは受け付けていません。