外壁 簡易修繕工事 賃貸物件 神戸市

Share on Facebook

エクステア・外壁のリフォーム・改修のトラブランです。

賃貸物件の外壁が剥がれてしまい修繕するためにWEB検索され、弊社ホームページをご覧になりお問い合わせ頂きました。

現場調査にお伺いすると破損状況が激しく修繕中に更に崩れてします可能がある状況でした。賃貸物件でお客様のご予算もあり、本来ならば下地補修やシーリング材・樹脂モルタルで補修しますが、ご協議の結果 簡易工事で施工する運びとなりました。
◆BEFORE
 

お隣の家との隙間が狭く電気メーター付近の壁も崩れてきているので一度、電気メーターを外し作業します。
◆電気メーター取り外し
 

何とか、隙間に入り込み作業します。
◆作業開始

更に外壁が崩れてこないように周りにも慎重にビス止めを行います。
◆ビス止め作業

モルタルの外壁はひび割れた所から雨水が入り込み傷みが増し剥がれ落ちてしまったようです。幸い、雨水により木材の腐食はしていませんでした。
◆外壁損傷部分
 

見えてしまっている木材のホコリを取り、コンクリートボンドを塗りつけていきます。
◆取り付け作業

剥がれ落ちた壁を崩さないように元の位置に貼り付け、雨水が入り込まないようコーキングでヒビを塞いでいきます。
◆取り付け作業

剥がれ落ちていた壁を貼り直した部分にもビス止めをし、固定します。
電気メーターを付け直して塗料が乾けば作業完了です。
◆外壁損傷部分
 

外壁には様々な種類があります。
モルタル・サイディング・ALC/RC鉄筋コンクリート、それぞれに補修の方法が異なります。素材や構造に併せた的確な補修が塗装をより長持ちさせます。

ひび割れが起きるとそのひび割れから雨水が浸入してしまいます。
始めは室内への影響はありませんが時間が経過すると室内の雨漏りに繋がってしまう可能性があり浸入した雨水は外壁内部の構造体にも浸透しシロアリ等が発生したり、その結果 建物自体の地震や災害に対する耐性が落ちてしまう可能性があります。
更に、ひび割れを放置すると劣化が進行しサイディング・モルタルの下地(木部)が腐食し最悪の場合外壁材を取り替える必要が出てきます。
ひび割れから雨水が浸入するとカビが発生しやすい環境となり、人体に悪い影響を及ぼす場合もあります。
ひび割れを発見したら、まず業者に依頼することをお勧めします。自分で補修することもできるのですが、そうするとやはり早期に再びひび割れが出てしまったり、見た目が綺麗に仕上がらなかったりと不具合が発生するケースが多くなってしまいます。また専門業者であれば、現状のひび割れの状況や原因を踏まえた上での補修を行ってもらえるため、ご自身で行って失敗してしまうより安心です。

外装・エクステリア工事事例はコチラ↓↓↓

http://www.katsuhara-s.com/archives/category/cat15

工事事例TOPはコチラから↓↓↓
http://www.katsuhara-s.com/blog

 

トラブランでは、YouTubeで動画も公開しております。
是非、ご覧ください。

視聴はコチラから↓↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=toraburanReform

 お願いします。

 

トラブランでは24時間,365日対応させて頂きまので、配管の詰まり、水のトラブル、何かお困りの事があれば、お気軽にトラブランまで ご相談ください!

http://www.katsuhara-s.com/cat-8#profile02

コメントは受け付けていません。