洗面所のリフォーム TOTO リモデア シェイプアップキャビネット

Share on Facebook

水廻り、住宅設備機器のリフォーム・改修のトラブランです。

トイレに引き続き、洗面所の全面リフォームをさせて頂きました。

◆AFTER
 
 

既存の洗面台は間口900㎜の三面鏡両サイド収納のものでした。
洗濯機の上は、お客様が収納スペースとしてラックを設置し使用されていたそうです。
◆BEFORE

始めに、洗面所の物[洗面化粧台・洗濯機・ラック・キャビネット・エアコン等]全て撤去します。
撤去作業
 

撤去し洗面台の背面の部分と洗濯機の上部の壁(ボード)を切り抜きます。
◆切り抜き作業

洗面化粧台と洗濯機上部のキャビネット設置にあたり新しいコンパネを貼り強度を確保します。
◆コンパネ・補強
 

新しい洗面化粧台、キャビネット等を搬入します。
◆新部材搬入
 

壁と床を張っていきます。
壁3面はホワイト、浴室側にマルチ柄の壁紙を張りました。
床には、クッションフロアを使用。ビニール製の弾力性のあるシートで耐水性に優れています。張り終えた後に巾木を設置します。
◆壁と床
 

新部材を設置します。
洗面化粧台の左奥にトールキャビネットを使用。
洗面化粧台は、収納三面鏡と2段引き出しタイプ。上部にも750㎜のキャビネットを付けました。
右側の洗濯機上部には、600㎜のキャビネットを設置。その下に洗濯機用シェイプアップキャビネットも付け収納力をたっぷり確保しました。
◆AFTER
 
 

今回、使用した洗面化粧台[TOTO リモデア]は、スリムなスタイルながら洗面ボウル容量タップリ。フロアキャビネットには「奥ひろし」を採用。排水管を改良して奥までたっぷり使える仕様になっています。水栓部分をボウルより上部に設置し、水あかを防ぐためのハイバックガードを採用。排水口のヘアキャッチャーは、ポイヘアキャッチャーを採用しました。スウィング3面鏡の鏡裏はたっぷりの収納となっており、背の高いスプレーなども収納ができる優れもの。と機能と便利が充実した洗面化粧台です。
洗濯機用シェイプアップキャビネットは、洗濯機上のデッドスペースを有効に活用できるようになります。洗剤やバスタオル、ストック用品など幅広くお使いいただけます。

マルチ柄壁紙は、塩化ビニル系樹脂壁紙 サンゲツのFINE カジュアル(FE-1341)。
カビの発生,抑制に効果ある防カビタイプ。色鮮やかな壁紙は洗面所をパッと明るくさせてくれます。

トイレの全面リフォームはコチラ↓↓
http://www.katsuhara-s.com/archives/10903

 

その他、洗面所のリフォームはコチラ↓↓
http://www.katsuhara-s.com/archives/category/cat7

その他、最新の施工事例はコチラ↓↓
http://www.katsuhara-s.com/blog

 

トラブランでは、YouTubeで動画も公開しております。
是非、ご覧ください。


視聴はコチラから↓↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=toraburanReform

お願いします。

トラブランでは24時間,365日対応させて頂きまので、配管の詰まり、水のトラブル、

何かお困りの事があれば、お気軽にトラブランまで ご相談ください!

 

http://www.katsuhara-s.com/cat-8#profile02

 

コメントは受け付けていません。