管破裂 凍結防止 長田区

Share on Facebook

水廻り、住宅設備機器のリフォーム・改修のトラブランです。

水道管の凍結防止

冬を迎えると凍結や破裂を引き起こしてしまう可能性がある為、早めの時期に対策をしておくことが重要です。

凍結しやすい場所は
給湯器に接続している配管など水道管がむき出しになっているところ
散水栓、湯沸かし器の元栓などの水道管が戸外や北向きの日陰にあるところ
洗面所やトイレの蛇口 北向きにある水まわり
マイナス4℃以下になると水道管の凍結や蛇口の破裂が多く発生しますので、注意が必要です。

水道管破裂の症状としては水漏れになります。
キッチン、お風呂、トイレなど水回りから水漏れがある可能性が高くなります。
屋外に水回りがある場合も同じことがいえます。
老朽化により配管を覆う保温材がボロボロに損傷してしまい配管がむき出しになり効果が薄れた為、凍結し破裂しまうこともあります。

 

凍結により亀裂や破裂して起こった水漏れに気付かず放置していた為、亀裂が広がり大幅な工事が必要となり高額な修理費用がかかる可能性も考えられます。

 

屋外のむき出しになっている配管や散水栓には保温材の取付けが効果的です。
古くなり表面のテープ等が損傷している場合は効果が薄れることから、取替えをお勧めします。

 
 

 

一旦、全てのものを取り除き化粧カバーを配水管に合わせて設置し配管を取付けました。

◆作業中
 

今回の配管は、ポリブテン管(保温材付)を使用。

ポリブテンパイプは給水・給湯に使用でき柔らかく軽量で耐久性 保温性・保冷性に優れています。

ポリブテンは、金属管のように錆(さび)の発生による水質汚染がなく、衛生的でリサイクルが可能な樹脂素材です。万が一の地震の際でも、従来の金属管に比べて柔軟性がある為、破損しにくくなっています。

更に、水栓を閉じた時に発生するウォ―タ―ハンマーを柔軟性のある材料が吸収し騒音の発生を少なくします。

見た目もキレイでスッキリしました。

工事事例TOPはコチラから↓↓↓
http://www.katsuhara-s.com/blog

トラブランでは、YouTubeで動画も公開しております。
是非、ご覧ください。

視聴はコチラから↓↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=toraburanReform

 お願いします。

トラブランでは24時間,365日対応させて頂きますので、配管の詰まり、水のトラブル、
何かお困りの事があれば、お気軽にトラブランまで ご相談ください!

http://www.katsuhara-s.com/cat-8#profile02

コメントは受け付けていません。